院長

塩野 潔  
SHIONO KIYOSHI

院長写真

サッカーを主体にスポーツ専門外来を埼玉県で最初に開設。日本サッカー協会スポーツ医学委員、サッカー日本代表チーム、各年代代表チーム、古河電工、浦和レッズ、大宮アルディージャ等のチームドクターを歴任。埼玉県サッカー協会医事委員会副委員長、同評議員歴任。埼玉県体育協会スポーツ科学委員会委員、埼玉県健康スポーツ医会最高顧問、順天堂スポーツ医学研究会代表幹事。


プロフィール

【学歴:認定医歴】
昭和39年3月 県立浦和高等学校卒業
昭和45年3月 順天堂大学医学部卒業
昭和51年9月 医学博士
昭和58年1月 日本体育協会公認スポーツドクター(1期生)
平成 2年6月 日本消化器病学会認定医
平成 3年 9月 日本医師会認定健康スポーツ医(1期生)
[略歴]
昭和45年5月 順天堂大学医学部第一外科入局
昭和47~60年 古河電工サッカー部チームドクター(創設時メンバー)
昭和51年~平成14年 日本サッカー協会医事委員(創設時メンバー)
昭和52年12月 塩野胃腸科開業
昭和53年 塩野胃腸科にスポーツ外来を開設
昭和54年~平成26年 埼玉県サッカー協会医事委員・副委員長(創設時メンバー)
昭和60年 順天堂スポーツ医学研究会代表幹事(創設時メンバー)
昭和62年~ 埼玉県体育協会スポーツ科学委員会委員(創設時メンバー)
同スポーツ医学専門部会長・委員
平成元年~18年 埼玉大学教育学部非常勤講師(スポーツ医学)
平成3年~ 浦和スポーツクラブ副理事長(創設時メンバー)
平成6年~9年 Jリーグ浦和レッドダイヤモンズチームドクター
平成8年~ 埼玉県健康スポーツ医会会長・最高顧問(創設時メンバー)
平成13年 59埼玉国体医事委員長
平成16年~22年 埼玉県スポーツ振興審議会委員
平成18年~24年 埼玉県サッカー協会評議員
[趣味]
サッカー、写真撮影、オーディオ、ジャズ鑑賞